木工機械

    工房の掃除をしたので、ついでに木工機械の写真を撮ってみました。
    メインの大型機械について説明したいと思います。
    kikai-1-720x480.jpg
    帯鋸盤(バンドソー)・・・(奥)刃幅が90㎜、主に製材用です。
    (手前)曲線など細かい加工で数種類の刃を変えて使用します。
    kikai-2-720x480.jpg
    手押鉋盤・・・材料を最初に削るカンナ盤です。幅300㎜、板の平面出し、直角出しをします。
    kikai-3-720x480.jpg
    軸傾斜昇降盤(手前)・・・縦切り専用のノコ盤、刃が45°まで傾斜します。
    自動鉋盤(奥)・・・幅500㎜、板の厚みを0.1㎜単位で出す機械です。
    kikai-4-720x480.jpg
    軸傾斜横切盤・・・横切り専用のノコ盤。横幅が3mくらいあります。刃が45°まで傾斜します。
    家具や小物などを精度よく加工するため、このような大型機械を使用しています。
    スポンサーサイト



    小型プレス機

    最近買った小型のプレス機です。普通プレスっていうのはたたみ1畳分以上の大きさがあり、電動式で重さも1tくらいありますが、これは手動式で60×40cmくらいの超小型です。IMG_1943-1.jpg
    小さいけどやたら昭和の雰囲気が漂っています。古い船の動力室にでもありそうな不思議な機械です。