タモのスツール

    IMG_6267-720x480.jpg
    このタモのスツールは木目がダイナミックで印象的です。Rのかかった座面は木目に立体感が出ています。どんな木目で仕上がるかは掘り込んでいくまでわかりません。年輪や全体の感じを見ながらどこを捨ててどこを残すと美しくなるか想像しながらの作業です。木工の難しさと面白さを感じるひと時です。 kouichi
    スポンサーサイト



    ペーパーコードチェア&アームチェア

    ペーパーコードのチェアを2種類製作しました。オリジナルモデルとアームチェアタイプです。
    IMG_5138-720x480.jpg
    写真は作業の最初の方で型に合わせて木取りをしているところです。見えているバンドソーその他の機械で荒取りした後、型を使った成型で同じ形を切り出していきます。
    IMG_5188-720x480.jpg
    この写真は組み上がったところです。(今回は途中の写真を全く撮り忘れてしまいました、、、。)
    Ch20-4-720x480.jpg
    脚が内側にやや傾斜しており、接地の良さや見た目のバランス感が良くなったように思います。
    Ch20-3-720x480.jpg
    ハーフアームチェアは横幅が広くゆったりした座り心地の椅子です。テーブルへの納まりや出入りのし易さを考えて製作しました。

    ラウンドスツール

    オリジナルスツールを製作しています。木工旋盤という機械を使って円柱の脚を作っていきます。グルグル棒が回転するのを専用の刃物を使って削っていくと段々と四角い材が丸くなっていきます。
    IMG_4873-720x480.jpg
    こちらは座面の板です。座面を緩やかなカーブにしています。円形に加工した木の面を機械でザックリと削り、その後写真のカンナ(四方反鉋といいます。)や下の方に出ているスクレーパーというもので仕上げていきます。
    IMG_5131-720x480.jpg
    三角形に組んだ貫という部分が特徴のスツールです。緩いカーブの座面は座ってみるとその違いがわかると思います。このスツールを初めて作ったのはもう12年も前になります。初代のスツールを買ってくれた方は今も使ってくれているそうです。
    Ch17-1-720x480.jpg

    エクステンションダイニングテーブル-2

    先日納品したウォールナットのエクステンションダイニングテーブルです。無垢材で製作しています。
    Ta16-1-720x480.jpg
    普段は横幅150㎝ですが、内部に収納された補助天板を使用することで200㎝のテーブルとして使うことができます。
    Ta16-7-720x480.jpg
    200㎝になると、3人でゆったり並んで座れるサイズです。お誕生日席を使えば8人で座ることもできます。
    Ta16-5-720x480.jpg
    普段は普通のテーブルのサイズなので場所を取りません。お友達や知人を招待したり、ホームパーティーを開くご家庭ではたいへん重宝するアイテムだと思います。

    エクステンションダイニングテーブル-1

    ダイニングテーブルを製作しています。1.5mから2.0mに可変するエクステンションテーブルです。
    IMG_4707-720x480.jpg
    機能付きの家具は部材も複雑なパズルのようです。ホゾ組みの種類は何百通りもあります。その中から最適な接続方法を考えていきます。
    IMG_4692-720x480.jpg
    こちらは展示会用の什器です。什器とは商品ディスプレイ用の器材のことです。
    IMG_4698-720x480.jpg
    持ち運びするので軽くて簡単に分解できるようになっています。自分で使うので気楽に作れますが、こういった物も展示会の内装デザインの一部になりますので、商品の見映えにつながる重要なアイテムの一つです。