ウォールナットの仏壇

無垢材ウォールナットの仏壇です。 W520×D410×H600  祭壇4段、膳引き付
2-A-720x480.jpg
現代の住宅に馴染み、大き過ぎず、余分な装飾のないシンプルなモノ、という事で製作しました。
1-11-720x480.jpg
リビングの雰囲気にとけ込むようになってくれればうれしいです。
1-10-720x480.jpg




スポンサーサイト



ペーパーコードスツール

Ch-13 PaperCode Stool-Walnut,Tamo  W440×D330×H425 SH420(mm)
定番で製作しているペーパーコードのスツールです。
IMG_9435-720x480.jpg
ペーパーコードは好きですね。クラフト感がありながらも、北欧家具のようなナチュラルでスタイリッシュな雰囲気が出るのがいいところです。デンマーク製のペーパーコードを巻くのは丸一日かかりますが、それだけの価値があると思います。
IMG_6943-720x480.jpg
シンプルなデザインの家具は、細部にこだわって製作しないと平凡なモノになってしまうような気がします。
脚や貫の木目・太さ、面取りの形・大きさ、座面の緩やかなアールなど、何度もスツールを作っては、これでいいのか自問自答しながら今の形になっています。

ウォールナット

ウォールナットの厨子(仏壇)の製作を始めました。ウォールナットは、チーク・マホガニーと並ぶ世界三大銘木です。チークやマホガニーは入手が困難になっています。この木も年々価格が上がり、いつかは手に入らなくなるかもしれません。
IMG_9371.jpg
この木を知っている方は、濃い茶色をしていると想像すると思いますが、実際には2枚目の写真を見るとわかるように、全部が茶色ではないです。この部分はデザインとして利用するか、見えにくい部分にするか悩みどころです。
IMG_9362.jpg
しかも削る前は乾燥の影響でどれも全体が茶色をしており、実際にどんな色になるかは最後までわからない。予想と違って取り直す破目になる事もしばしば…。
それだけに運良くいい木が見つかり、いい所に使えた時の感動は大きい。ウォールナットという樹木は色々な意味で悩ましい木です。

オーダーデスク

De-12 Desk-Nara W980×D540×H700
無垢材のナラで製作したデスクです。奥行を小さくしてコンパクトにしています。
中央に小さな引出しがついています。
De12-4-750x500.jpg
オーダーでご希望のサイズや樹種でのデザイン・製作を承っております。
De12-7-750x500.jpg
最近はお家で仕事をされる方も多いかと思います。お部屋のスペースに合うサイズ、インテリアに合ったお気に入りのデスクで、快適にお仕事するのもいいものではないでしょうか。

桂の一枚板テーブル

Katsura Table W1560×D670×H720
桂の一枚板のテーブルが完成しました。(天板はお客様がご用意されたものです。)磨いてみると驚くほど濃い赤色になりました。赤みの強い桂は緋桂(ヒガツラ)と呼ばれ良材とされていますが、まさにそんな板です。
IMG_8832-720x480.jpg
身長の大きい方が使うので、厚めの天板に合うガッチリした脚で高さも高めで製作しました。
桂は入手が難しかったので、脚はタモを使っています。こちらの方が脚としては強度があります。色も主張しすぎない感じです。結果としてはコントラストもわるくなかったように思います。
IMG_8879-720x480.jpg
最後の写真は加工前の天板です。元からあった板の割れなども補修してきれいに塗装しました。
「木が生き返った」とお客様も喜んで下さいました。
IMG_7981-720x480.jpg