ペーパーコードチェア&アームチェア

    ペーパーコードのチェアを2種類製作しました。オリジナルモデルとアームチェアタイプです。
    IMG_5138-720x480.jpg
    写真は作業の最初の方で型に合わせて木取りをしているところです。見えているバンドソーその他の機械で荒取りした後、型を使った成型で同じ形を切り出していきます。
    IMG_5188-720x480.jpg
    この写真は組み上がったところです。(今回は途中の写真を全く撮り忘れてしまいました、、、。)
    Ch20-4-720x480.jpg
    脚が内側にやや傾斜しており、接地の良さや見た目のバランス感が良くなったように思います。
    Ch20-3-720x480.jpg
    ハーフアームチェアは横幅が広くゆったりした座り心地の椅子です。テーブルへの納まりや出入りのし易さを考えて製作しました。

    枕木門柱とオリーブの木

    工房のアプローチを手直ししました。
    IMG_5239-720x480.jpg
    今までは柵のない部分がただ道路に面しているだけで、お客さんが来ると「ここから入っていいの?」な感じでしたが枕木門柱を立て脇に踏み石を置きました。搬入用の扉が高さ2m40cmくらいあるので、写真だとちょっと小さく見えるかもしれません。またオリーブの苗木を2本鉢植えにして置きました。工房脇にも砂利を敷き詰め駐車スペースに。
    TS3Y0006-720x480.jpg
    ここへは10年程前に中古物件を見つけて移住してきました。それを開拓してセルフビルドで工房を建て現在に至ります。工房建築前に撮った写真を見て今回同じところから写真を撮ってみました。
    IMG_5243-720x480.jpg
    まったく別の場所のようであらためてビックリしました。右にあったキンモクセイは建物建築の為左側に移植しました。秋になると今も元気に花を咲かせてくれています。まだまだ直したい所がたくさんありますが少しずつよくなってきたと思います。

    ラウンドスツール

    オリジナルスツールを製作しています。木工旋盤という機械を使って円柱の脚を作っていきます。グルグル棒が回転するのを専用の刃物を使って削っていくと段々と四角い材が丸くなっていきます。
    IMG_4873-720x480.jpg
    こちらは座面の板です。座面を緩やかなカーブにしています。円形に加工した木の面を機械でザックリと削り、その後写真のカンナ(四方反鉋といいます。)や下の方に出ているスクレーパーというもので仕上げていきます。
    IMG_5131-720x480.jpg
    三角形に組んだ貫という部分が特徴のスツールです。緩いカーブの座面は座ってみるとその違いがわかると思います。このスツールを初めて作ったのはもう12年も前になります。初代のスツールを買ってくれた方は今も使ってくれているそうです。
    Ch17-1-720x480.jpg

    書見台

    インテリアデザインを企画している方からの依頼で製作した書見台です。本や書類などを読みやすくする小机のようなものです。
    Ot12-1-640x427.jpg
    本を支えるバーは3段階で高さが変えられます。また上部に鉄板が埋め込んでありマグネットで書類など固定出来るようなっています。本体からパーツまでウオールナットの無垢材で製作しています。
    Ot12-2-640x427.jpg
    角度は3段階で変わり収納時にはほぼ水平になり持ち運びやすくなっています。
    Ot12-3-640x427.jpg
    新商品の開発は根気のいる仕事ですがやりがいもあります。自分の仕事が少しでも誰かの役に立てばうれしいと思います。

    くらしずく2019

    10/13(日)・14(祝)は くらしずくマーケット2019に出展します。場所は地元の九十九里の杜(菅原工芸硝子)です。
    くらしずくマーケット2019
    IMG_4684-720x480.jpg
    くらしずくnoteに工房の記事が紹介されました。
    https://note.mu/kurashizuku/n/n1b4a0fc42489
    Sp01-1-720x480.jpg