チェリーのオープンシェルフ

    東京都のお客様に納品したチェリーのオープンシェルフです。
    Ca14-1-720x480.jpg側板はポストをイメージした形、脚はエンタシスのような、緩やかな膨らみを持たせた形にしました。
    Ca14-6-720x480.jpg奥行はご希望で40㎝になりましたが、オープンな家具は壁が見えるため、スリムに見えます。
    Ca14-5-720x480.jpg
    脚の付いた家具は軽快な印象になり、インテリアを際立たせます。

    木の栞(しおり)

    木の栞です。ひとつの栞を使い続けるのも、中々いいものではないかと思い作り始めました。
    Bm01-1
    思いのほか子供たちに人気です。小中学生くらいの子たちが、真剣な眼差しで見て選んでくれるというのは、何かグッとくるものがあります。Kouichi

    Creemaの特集ページに掲載されました。

    Creema(ハンドメイド作品の通販サイト)で、ラウンドスツールが特集作品としてトップページに掲載されました。よろしければご覧ください。 Kouichi
    ※トップの写真は1日で変わっちゃいましたが、特集はまだ掲載されています。時の流れは早いな~。
    特集名「今週注目の新作100選」 https://www.creema.jp/feature/246
    IMG_6864-720x480.jpg

    藍の生葉染め

    IMG_6688-720x480.jpg
    藍が大きく育ってきたので、藍の生葉をミキサーにかけ布で濾して染める
    「生葉染め」という方法で紡いだ絹糸を染めました。

    IMG_6952-720x480.jpg
    藍のインディゴ(青色)の成分は葉に含まれているので葉のみを使います。
    残った茎は水に差しておくと根が生えてくるのでまた土に植えて育てています。

    IMG_6958-720x480.jpg
    ミキサーにかけた藍は抹茶の様な色ですが、その中には藍の色が存在しています。
    インディゴ(青色)に形成される時間が早いので時間を気にしながら手早く作業します。

    IMG_6970-720x480.jpg
    藍の葉から生まれる色。
    日本の色名によると、紺、藍色、浅葱色(あさぎいろ)、水色、甕覗(かめのぞき)等々、
    素敵な名前が並んでいます。暑い季節に涼を感じる美しい色です。

    Instagramはじめました。

    インスタグラムをはじめました。製作活動や日々の写真を載せています。良かったらご覧ください。
    https://www.instagram.com/tabinekokagu/
    IMG_20200727_101935-720x480.jpg
    写真はインスタとは関係ありませんが、家具の加工に向けて研いだ鑿(ノミ)です。
    刃の先端は鋼、後のニブイ光の部分が地金です。刀の構造と同じです。鉋(カンナ)や鑿を作っている人たちのご先祖を辿っていくと、昔はやはり刀を作っていた人が多いそうですね。「研ぎ一生」と言われているほど、奥の深い世界です。